バナー

グループウェアの会社への貢献

グループウェアは会社にとって重要な資源です。


しかし、グループウェア導入直後は重要性を感じないという経営者も多いようです。



グループウェアが会社にとって重要な点は主に2つあります。


1つはスケジュールやメール、回覧など日常業務をより効率的にしてくれることです。



これまでも独自にメールなどの機能を提供している会社が多いのですが、それぞれ単独で動いていることから利用が面倒であったり、情報として共有することが難しい場合が多かったようです。

IT用語辞典を初めて利用する方へ知っておいて欲しい基礎知識やオススメ情報をお教えます。

また、回覧データなどメールで配布されても読まれることが少なかったり、紙で回覧をするところも多く、非効率的でした。


グループウェアを導入することでこれらは一元的にツールで閲覧可能です。

また、回覧やメールには重要度が設定できるので確実に読んでもらえる、もしくは読んでいるかどうかをチェックすることが可能です。


グループウェアの貢献は効率性だけではありません。

スケジュールや回覧、掲示板の各データは会社にとっての情報資産です。

スケジュールは過去に行ったことが書かれているので新規プロジェクトを起こす際に参考になりますし、取引先とのアポイントの取得についても重要なデータです。

社員が経験で行ってきたことをデータ化することは会社にとって最大の貢献でもあります。
また、社員にとってもスケジュールと経費精算が一体化することで手続きが楽になったり、過去の掲示板の情報から営業上の問題を解決できるなど情報を活用することで無駄を省くことができます。