バナー

グループウェアを取り入れよう

いかに短い時間でタスクをこなせるのか、が重要となっている現代社会。
企業内の連携を強固にしたいものの、コンタクトにあまり時間を掛けていられないという悩みもあるでしょう。

そこで役立つのがグループウェアです。
グループウェアとは、その組織内での情報共有や、コミュニケーションが容易になるシステムのことです。

搭載されている機能はその製品により異なります。今回は、どの製品にも含まれているであろう主なものを紹介します。1つ目は、メンバーとコンタクトを取るための機能。

メーリングだったり、チャットだったり、その形態は様々ですが、大事な要件だったりを企業内に絞って伝えるシステムは重宝できるでしょう。

また、離れた場所にいるメンバーと会議が出来るシステム、Web会議やテレビ会議もあります。

グループウェアならそれらの設定も簡単に行うことができるので、必要な会議をすぐにでも行うことが可能です。

グループウェアに関する情報をすばやく探せます。

ある一定のテーマについて話し合う電子掲示板なども用意することができます。
時間を選ぶことなく、メンバーの都合にあわせて、コメントが可能になるので議論も幅が広がるでしょう。

2つ目は、スケジュール管理機能です。会議の日程の告知や調整が可能になります。

メールや口頭での告知と違って、スケジュールに関する情報のみを発信するので、見落としや聞き逃しも防げます。

3つ目は、データ共有機能です。


一つのプロジェクトを、いくつかのタスクに分けて複数の人間で行うとき、途中段階のデータを見直したいときなどに有効です。

あなたの探していた教えてgoo情報をお伝えします。

誰でも全体把握が可能になるので、人によって解釈が違っていた、なんてことも防げます。

以上に述べた3機能以外にも、グループウェアごとに様々な機能が用意されています。
あなたの企業にあったグループウェアを見つけて、取り入れてみてはいかがでしょうか。